top of page

研磨専用ブース





いつもご覧いただきありがとうございます。


REALE新潟の岩佐です。


きょうは新店REALE新潟店の研磨ブースをご案内いたします。


レアーレでは、コーティングを施工するにあたり下地処理がすごく重要と考えております。


コーティングに限らず、下地処理は様々な分野で重要な作業ではないでしょうか?


下地のベースの上にコーティングや塗装を塗る場合、どんなに上塗りでカバーしようとしても下地の影響を必ず受けると思います。


逆に言うと、下地が良ければ良いほど仕上がりが良くなります。


コーティングも一緒です!!特に最近のお車は新車でも塗装が、、、


という訳で、研磨作業専用ブースも今回の店舗では作りました。


研磨をするにあたり、塗装の状態がしっかり確認できないとそもそも下地を良い状態に仕上げる事が難しくなります。


特にキズ、シミについては外では見えにくい物をたくさんあります。


もしくは太陽光にガンガン当たっている時は、洗車キズなどがハッキリ見えると思います。


または、夜ヘッドライトが当たると、


えっ、こんなにギラギラしたキズがあったかなぁ!?



なんて経験された方も多いのでは無いでしょか?


塗装の状態は、光の当たり方や、色、強さなどで見え方が違ってきます。


だからこそ、レアーレ新潟店では最新の照明を各ブースに配置しました。


これも決して自己満足では無く、目的があります。


お客様の大切なお車を、最善の状態で仕上げて、喜んで頂きたい!!


この目的のための設備となります。


研磨ブースはキズ、シミがとにかく見える!!


正直、新車でも研磨ブースに入れるとかなり磨きがいがあります。


見えるからこそ、下地処理の研磨でキレイに仕上げる事が出来ます!!



あとはコーティングブースと研磨ブースを分ける事でより良い状態で施工することも可能となりました。


設備だけでなく、磨くためのコンパウンドやポリッシャーまで幅広いラインナップでお車のメーカーや塗装に合ったツールでしっかりキレイに仕上げさせていただきます。


塗装にダメージが見られたボディーもピッカピカに仕上がりました!!








フィアット500X 5年以上経過したお車もスタンダード研磨&プラチナRUSH&樹脂コーティングで新車のように美しく仕上がりました!!


お客様も大変喜んで頂きました。


ありがとうございます。




閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


本物の技術で、もっと愛せる車へ
bottom of page